審美歯科 口コミランキングでいろいろ調べてみよう

MENU

「審美歯科」について

歯科の中でも、最近利用が増えているのが審美歯科です。
一般的な歯科は、歯の機能が低下したとき、
あるいはその予防のために治療や検診に利用する医療機関です。

 

そのため、見た目重視という治療は行われません。
健康保険の適用範囲内での治療となるので、比較的低い費用で歯を健康に戻すことができます。

 

 

ただし、見た目へのこだわりは最低限となり、時間が経つと治療した歯が変色してきたり、
金歯がとれてしまったりするようなこともあります。

 

そのときはまた治療すればいいのですが、
せっかく外見の美しさにこだわる人には例えいっときでも見た目が変化してしまうのが気になるでしょう。

 

 

そこで審美歯科を利用してみると、
費用は高くなるものの美しく見えることにこだわった治療を行ってもらえるのです。
歯の変色はホワイトニングで改善し、
金歯や銀歯よりも性能のいいセラミックをかぶせたりインプラント治療をするのも可能です。

 

問題は、健康保険の適用外なので費用が全額自己負担となってしまうこと。
健康保険は他の人も負担している保険料から大きな額が負担されるので、
歯が悪くて食べることもできなくなってしまうなどの生命を脅かすような目的でないと使われません。

 

美容目的の審美歯科では、どうしても全額を自己負担でまかなうしかないのです。

 

 

たとえ高い費用がかかっても、
白く美しい歯でいると自信を持ってコミュニケーションすることができます。

 

社会的にも良い効果が出るので、審美歯科を利用するのはおすすめできます。

 

 

歯の治療の目的は、歯の病気を治すだけではなく、より快適で美しい歯にすることへと広がってきています。

 

歯の健康は、機能的にも審美的にも優れている必要があって、普通の歯科では機能面を重視して治療を行っていきますが、審美歯科では、審美(見た目の美しさ)面に重点を置き、より美しく、綺麗な口元に仕上がることを目標として治療を行っていきます。

 

このように、審美歯科の治療の目的は白い歯と綺麗な歯並びであって、悪いところを治すことが目的ではありませんが、見た目の美しさの実現は、歯や歯茎の健康を持続させることにも大きく貢献します。

 

通常の虫歯治療の場合だと、保険の適用される材料と治療方法で機能的な回復を目指すので、仕上がりとしては金属が見えたり、長期的な時間の経過に伴い変色してしまったりと、審美的には考慮されません。そのため、金属の詰め物を使って虫歯の治療をしたけれど、口の中に金属がちらちら見えるのがコンプレックスとなって、思いっきり笑えなくなってしまったという声も聞きます。

 

一方、審美歯科には白い詰め物や被せ物を使って歯を白く美しくする治療法があるので、より快適で美しい歯によって悩みやストレスから解放され、心の健康を取り戻す手伝いをしてくれるのも、審美歯科治療のひとつです。

 

健康保険制度において保険が適応となる治療は機能的な治療のみで、審美性を追及する治療は保険が効かないのでどうしても高額になってしまいますが、近年では、健康で美しい歯を求めて審美歯科を訪れる人が増えているということです。

口コミで探す審美歯科

笑顔は素晴らしいと称えられる世の中で、
歯が黄色かったり歯並びが悪いなどの理由から、
思い切り笑えない人はますますコンプレックスを強めているでしょう。

 

そんな方も、あきらめることはありません。
人前で堂々と笑えるようにするには、審美歯科で治療を受ければいいのです。

 

 

審美歯科では、歯の見た目をきれいにする治療だけが行われていると思われがち。
しかし、虫歯や歯石を取るなどの治療も行っている場合がほとんどなので、一石二鳥です。

 

 

審美歯科では、一度で治療が終わるケースはあまりありません。
しかも、見た目をよくするための治療となると健康保険が使えないので、
全額自己負担になってしまいます。

 

そのため、ある程度の期間通い続けて高めの費用を払うだけのお金がないと断念する人もいます。
ただ、代わりにあまり見栄えはよくならない歯科治療を受けて、
後々まで満足できるかどうかはよく検討したほうがいいでしょう。

 

見た目を重視したいという方は、ある程度の費用投資は覚悟して審美歯科で治療を受けるのが得策です。

 

もちろん、見栄えだけの治療ではなく、歯を健康に長持ちさせるという意味でも、
審美歯科は優れています。

 

具体的にどんな治療を受けてどんな結果がもたらされるかは、
体験者による口コミもチェックしておきましょう。
どの審美歯科がおすすめかまで書かれていて、とても役に立ちます。