審美歯科の【ホワイトニング治療】

MENU

審美歯科の【ホワイトニング治療】

歯は、長年使っていれば変色してきます。
食事をしない人はいませんし、お茶やタバコ、コーヒーなどを日常的に使用することで変色は加速してしまいます。
色の濃い食べ物を食べたときにも、色素が沈着することがあります。
このような歯の変色を改善するには、審美歯科のホワイトニング治療がおすすめです。
歯を削らずに専用のジェルを塗るだけで、歯の表面を漂白することが可能なのです。
特に最近普及し始めているのが、歯科で受けるオフィスホワイトニングに自宅で行うホームホワイトニングを組み合わせた治療です。
ダブルで美白が出来るので、効果も一層高まります。
漂白をしてもしばらくすれば色戻りしてしまう心配があるのですが、2つの方法でケアしていれば色戻りも防げます。
このジェルで歯を白くする方法は、最近開発された治療法です。
従来はレーザーを歯に当てていたため、歯にかかった熱を冷ますための期間が必要だったり、歯の負担も大きかったのです。
治療期間が長くなるうえに歯にダメージがかかってしまうのは考えものです。
これを改良したのがジェルを用いた美白法で、効果があるためにどんどん普及しています。

 

審美歯科を選ぶときには、
どんな治療法が採用されているのか、実績はどうなのかなども考慮したほうがいいでしょう。

 

ホワイトニング治療とは、歯を白くする治療法ですが、麻酔を使わず、歯を削ることもなく、歯にホワイトニング用のジェルを乗せるなどして歯の漂白を行う治療です。海外では「ブリーチング」と呼ばれています。

 

ホワイトニング治療には、審美歯科で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあり、両方を併用して行うことで、ホワイトニング後に起こる色戻りを防ぎながら、 白さをステップアップしていくことが出来ます。

 

オフィスホワイトニングでは、少し濃度の高い薬剤を歯に塗り、熱や光を当ててホワイトニングをします。
また、ホームホワイトニングでは、審美歯科で歯の型を取ってマウスピースを作成し、マウスピースに濃度の低い薬を注入して装着することにより歯を白くします。

 

ホワイトニング治療に使用する薬剤は過酸化水素を主成分としています。食品添加物にも使用されている過酸化水素の安全性は認められており、さらに、ホワイトニング治療の薬剤としても厚生労働省に許可されています。

 

ホワイトニング治療の料金は保険適用外のため、それぞれの審美歯科によって違いがあり、大体の治療費は1万円~10万円とかなりの開きがあります。これは、歯科によって設備や立地が違うため、料金に開きがあると考えられますが、なかには20万円もの費用がかかる審美歯科もあります。

 

ホワイトニング治療は歯を削ることなく白く出来る治療法なので、多くの人が利用しています。