歯科治療と保険適用の関係

MENU

歯科治療と保険適用の関係

審美歯科で行われている治療は、美容目的です。
そのため、一般的な歯科での治療と区別して、自由診療と呼ばれています。
これには健康保険を適用できないという事情があり、矯正治療なども審美歯科治療の範囲となっています。
審美歯科の看板を抱えていなくとも審美歯科治療では健康保険が適用できないため、自分の治療に保険を使えるか使えないかは事前に確認しておいたほうがいいでしょう。
健康保険が適用されないということは、全ての費用が自己負担になるということです。
審美歯科での請求を見ると、一般の歯科でいかに健康保険から費用が負担されているかがわかってくるでしょう。
しかし、審美歯科の治療の中でも、一部健康保険が適用されることもあります。
通常の歯科で審美歯科治療を受ける可能性も考えて、どこまでが通常の歯科治療の範囲なのか、どこからが審美歯科治療になるのかを聞いておくようにしましょう。
普通に歯科にかかったときの治療費は数百円から数千円なのに対して、審美歯科では数万円から数十万円の治療費がかかることも珍しくありません。
こうした情報も、口コミで探すと見つかります。
中には、審美歯科治療だと知らずに高い費用がかかる治療を受けて請求されたという口コミもあります。
そんなことにならないように、治療についてしっかり説明をしてくれる歯科医師であるかどうかを口コミでチェックしましょう。