歯科治療と保険適用の関係

MENU

歯科治療と保険適用の関係

審美歯科で行われている治療は、美容目的です。
そのため、一般的な歯科での治療と区別して、自由診療と呼ばれています。
これには健康保険を適用できないという事情があり、矯正治療なども審美歯科治療の範囲となっています。
審美歯科の看板を抱えていなくとも審美歯科治療では健康保険が適用できないため、自分の治療に保険を使えるか使えないかは事前に確認しておいたほうがいいでしょう。
健康保険が適用されないということは、全ての費用が自己負担になるということです。
審美歯科での請求を見ると、一般の歯科でいかに健康保険から費用が負担されているかがわかってくるでしょう。
しかし、審美歯科の治療の中でも、一部健康保険が適用されることもあります。
通常の歯科で審美歯科治療を受ける可能性も考えて、どこまでが通常の歯科治療の範囲なのか、どこからが審美歯科治療になるのかを聞いておくようにしましょう。
普通に歯科にかかったときの治療費は数百円から数千円なのに対して、審美歯科では数万円から数十万円の治療費がかかることも珍しくありません。
こうした情報も、口コミで探すと見つかります。
中には、審美歯科治療だと知らずに高い費用がかかる治療を受けて請求されたという口コミもあります。
そんなことにならないように、治療についてしっかり説明をしてくれる歯科医師であるかどうかを口コミでチェックしましょう。

 

 

審美歯科治療は保険がきかないので治療費が高額になるというのは調べればすぐに分かります。

 

審美歯科の治療というのは、審美性が重視される治療法です。

 

治療が目的である普通の歯科治療では保険適用なので、審美歯科よりも安くで治療が出来ます。

 

しかし審美歯科やインプラントや歯列矯正といった類は審美歯科治療に分類されるので、保険適用外となるのです。

 

その為、高額な費用を全額自己負担しなければならないのです。

 

しかし保険適用となるものも一部あり、全ての審美歯科治療が保険適用外だと言う訳でもないのです。

 

セラミックを使った人工歯を使うのであれば保険適用となるなど、一部の治療では例外で保険適用となります。

 

一昔前は通常の歯科治療と審美歯科治療は歯科自体が別々だったのですが、現在ではどちらも同じ歯科で治療できるというケースも増えています。

 

同じ歯科でできるということで通常の歯科治療から自然な流れで審美歯科に入ることもあるでしょうが、その時は担当医に費用や出来栄えを詳しく聞きながら打ち合わせをしましょう。

 

通常の保険適用であれば、患者は3割負担と言うのが普通なので、一回の治療で数百円から数千円程度で済むでしょう。
けれども保険適用外の審美歯科の場合であれば最低でも数万円、高くなれば数十万円にもなることがありますので、費用面については十分注意しましょう。

 

これらの情報も口コミサイトで簡単に調べられるでしょう。

 

良い評判も悪い評判も、数多くの口コミ情報を知ることができるので、ぜひ参考にしましょう。

 

保険適用のコンポジットレジン

コンポジットレジンとは、一般的な歯科医でもよく用いられる樹脂製の補綴物(ほてつぶつ=歯の治療に使われる素材のこと)です。
コンポジットレジンは、はじめは粘土のようにやわらかい状態ですが、光を当てると硬く固まる性質があり、歯科治療では歯のすき間をふさいだり、欠けた歯を補ったりするときによく使われます。

 

コンポジットレジンはレジンを充填して歯の穴や隙間をふさぐという使い方のほかに、歯の表面にコンポジットレジンを塗り重ねて歯の色や形状を修復したり、コンポジットレジンで歯の造形を行ったりできるダイレクトボンディング法というものがあります。
ダイレクトボンディング法は、保険適用のコンポジットレジン充填とは異なり、仕上がり後の歯の審美性を重視する施術法なので、使用するコンポジットレジンも、保険適用で使用するものよりも審美的に高品質で、歯の色に合わせた、自然な仕上がりが期待できます。

 

保険適用の治療で用いられる樹脂素材としては、コンポジットレジンが最も一般的で、保険適用されるくらいなので、歯科治療のための素材としては多くの利点があると考えられますが、金属やセラミックなど、審美歯科で利用されるほかの修復物と比べると、いくつかの問題点もあります。

 

コンポジットレジンは、銀歯などと比べて安価かつスピーディーに充填でき、しかも歯に近い白さがあるためそれほど目立たないというメリットがありますが、一方、擦り減りやすく、変形が起こりやすい点や二次虫歯になりやすいことがデメリットとしてあげられます。