審美歯科でのラミネートベニア治療

MENU

審美歯科でのラミネートベニア治療

審美歯科では、ラミネートベニアというホワイトニング治療も行っています。
その方法は、セラミックなどの材料を使って薄片を作り、薄く削った歯の上に貼り付けるというもの。
ハイブリッドセラミックを使うこともでき、歯にシールを貼って白くするようなものだとイメージするとわかりやすいでしょう。
他にも同様の審美歯科治療法にセラミッククラウンがありますが、これは歯を削る量が増えてしまうので負担が多くなります。
また治療期間も長くなり、費用も高額になるため、ラミネートベニアを選ぶ人が増えてきています。
ラミネートベニアはホワイトニングの効果があるだけでなく、歯の隙間を埋める効果もあります。
つまりホワイトニングと歯列矯正を一気に出来てしまうことになりますが、どちらかといえば歯並びが良い人におすすめの審美歯科治療法だとされています。
どのような歯並びの人が体験しているか、口コミを探してみるのもいいでしょう。
ラミネートベニアの種類は、オールセラミックとハイブリッドセラミックスです。
材質の強度や歯を削る量が違ってくるので、医師と相談して決めるようにしてください。
歯の健康を守るためには、ラミネートベニアのような審美歯科治療法を選択してみるのもおすすめ。
口コミもチェックして、じっくり検討してみてください。

 

審美歯科での治療は保険が効かないのでどうしても高額になってしまいますが、近年は健康で美しい歯を求めて審美歯科を訪れる人が増えているということです。
その審美歯科でおこなわれる歯を美しくするための治療のなかにラミネートベニアというものがありますが、お聞きになったことがあるでしょうか?

 

ラミネートベニアは透明度が高く自然な歯にとても近い色合いを持っているので、歯を白くすることができます。歯並びを美しくしたり、歯を白くしたくても抗生物質や遺伝のためにホワイトニングの効果が少ない場合に行われる治療で、歯の表面を0.5~1.0mm削り、ラミネートベニアを貼り付けます。表面を少し削るだけなので麻酔もせずに、痛みもなく治療できます。

 

ラミネートベニアは、歯が変色したり、歯と歯の間に少し隙間がある場合などに有効です。
このような場合、以前は歯にクラウンを入れるのが普通でしたが、クラウンをかぶせるためには、なんともない歯を大きく削る必要がありました。ラミネートベニアは表面を少しだけ削れば良いので、処置が簡単で、歯の神経にも影響はありません。

 

ラミネートベニアは色が変わったり、表面がすり減ったりすることはほとんどありません。また、材料がじょうぶになっただけでなく、貼り付ける接着剤も良くなったので、割れたり、はがれたりすることがごくまれになりました。

 

ラミネートベニアは、セラミックの薄い板を貼り付けるので、大きなむし歯のある場合など歯の表面に接着しにくいときは使えません。また、歯ぎしりやかみしめの癖のある人では割れる可能性が高くなります。