審美歯科でのワイヤー矯正

MENU

審美歯科でのワイヤー矯正

審美歯科で行われる歯列矯正法として最もポピュラーなのが、ワイヤー矯正です。
子供がよくこの矯正をしているのを見かけることが多いように、見た目にわかりやすい矯正法というのが特徴です。
歯列矯正法として長らく用いられてきた方法だけに、この方法は多くの歯科で受けることができる点が便利。
しかし、見た目が気になってコンプレックスが生まれてしまったり、食べ物が詰まりやすく歯を磨きにくいというデメリットもあります。
ただ、成長しきっていない子供のうちにしか出来ないと考えられていたワイヤー矯正も、最近では技術が進化して大人でも可能になっています。
口コミでも、ワイヤー矯正をしたという人からの意見がよく見られます。
この矯正法で用いられるのは、高い強度を持つ透明なセラミックとワイヤーです。
歯の表面にセラミック装置をつけてから、ワイヤーを通すのです。
いかにも針金というワイヤーが使われると、矯正しているなというのがわかってしまい、子供でも嫌がります。
しかし最近では、ワイヤーが透明だったり、逆にカラフルな色づけがしてあったりして、イメージが変わってきています。
歯の表面ではなく、歯の裏側にワイヤーをつける方法も出てきて、一概にデメリットばかりではなくなってきたのもいいですね。