歯列矯正治療でのメリットとデメリット

MENU

歯列矯正治療でのメリットとデメリット

審美歯科で歯列矯正をする人が増えてきた証拠に、歯列矯正に関する口コミも多くなってきました。
今ではホワイトニングやインプラントがポピュラーになってきましたが、そもそも審美歯科が歯科から独立するまでに至ったのは、歯列矯正が一般的になってきたからでしょう。
従来は歯を抜いてからその隙間を使って歯並びを整えるのが一般的で、そのリスクに歯列矯正を敬遠する人も多かったのです。
それが身近になってきたのは、矯正法の技術が進化したから。
従来の方法のように、元の歯より歯が小さくなってしまったり、呼吸法に変化が出たりするような心配もありません。
ただ、歯列矯正はどんな方法を選んでも、自分の歯や歯茎との相性もありますから、歯科医師との相談は綿密に行うようにしましょう。
メリットだけで決めてしまっては、治療中や矯正終了後にトラブルが発生してしまう可能性があります。
最新の歯列矯正法では、抜歯をせずに歯並びをずらしていく方法に人気が集まっています。
ワイヤー矯正法に抵抗を感じても、他の矯正法があるので、あきらめずに相談してみてください。
自分の体に自信が持てると、生活の様々なことが楽しくなってきます。
一度しかない人生、あきらめて生きるよりは健康で美しい体を手に入れて暮らしたほうが充実するのではないでしょうか。

 

 

歯列矯正は普通の歯科治療ではなく審美歯科治療に分類されます。

 

口コミを検索すれば幾つもの情報がヒットする審美歯科治療なので、気になる・興味があるという方はネットの口コミ等で探してみてください。

 

歯列矯正とは歯並びを綺麗に整える為の治療法なのですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

 

今までの一般的な歯列矯正方法というのは、健康な歯を抜歯して空いたスペース部分を活用して歯を動かしていくというものでした。

 

確かに歯並びはキレイになるのですが、様々なトラブルを起こすリスクがあるというデメリットもあるのです。

 

トラブルの例を挙げると、抜歯をするわけですから当然自分の歯の本数が減ります。
歯を抜いた分だけ噛む機能は低くなり口元も小さくなってしまいます。

 

口元が小さくなると今までよりも食べづらさを感じたり、呼吸や発音に違和感がでることもあるでしょう。
いびきをかくようになったという体験談もあるようです。

 

これらのデメリット部分は予め歯科医師から詳しい説明があるはずですから、よく相談して納得した上で治療に入らなければなりませんよ。

 

近年は技術も発達してきており、歯列矯正の幾つかのデメリットを改善できるような新たな治療法が登場しています。

 

抜歯せずとも歯列矯正が可能だというとても魅力的なものです。

 

今自分の口内にある歯を抜歯することなく、少しずつ歯並びをズラして隙間を作り、その隙間を活用して歯並びを矯正していくという方法です。

 

何事にもメリット・デメリットが付き物ですが、日夜審美歯科治療の技術も発達し続けているので、常に最新情報をチェックして口コミで情報を集めながら検討しましょう。