歯列矯正治療でのメリットとデメリット

MENU

歯列矯正治療でのメリットとデメリット

審美歯科で歯列矯正をする人が増えてきた証拠に、歯列矯正に関する口コミも多くなってきました。
今ではホワイトニングやインプラントがポピュラーになってきましたが、そもそも審美歯科が歯科から独立するまでに至ったのは、歯列矯正が一般的になってきたからでしょう。
従来は歯を抜いてからその隙間を使って歯並びを整えるのが一般的で、そのリスクに歯列矯正を敬遠する人も多かったのです。
それが身近になってきたのは、矯正法の技術が進化したから。
従来の方法のように、元の歯より歯が小さくなってしまったり、呼吸法に変化が出たりするような心配もありません。
ただ、歯列矯正はどんな方法を選んでも、自分の歯や歯茎との相性もありますから、歯科医師との相談は綿密に行うようにしましょう。
メリットだけで決めてしまっては、治療中や矯正終了後にトラブルが発生してしまう可能性があります。
最新の歯列矯正法では、抜歯をせずに歯並びをずらしていく方法に人気が集まっています。
ワイヤー矯正法に抵抗を感じても、他の矯正法があるので、あきらめずに相談してみてください。
自分の体に自信が持てると、生活の様々なことが楽しくなってきます。
一度しかない人生、あきらめて生きるよりは健康で美しい体を手に入れて暮らしたほうが充実するのではないでしょうか。