審美歯科でのクリーニング

MENU

審美歯科でのクリーニング

審美歯科では、歯のクリーニングも行っています。
タバコを吸っている人は歯にヤニがたまってきますが、吸わない人でも毎日の食事で付く着色汚れは意外と目立つものです。
特に近年は女性に美白がブームですから、顔の白さから歯の黄ばみが目に付きやすくもなりました。
コーヒーやお茶なども、歯を着色してしまう原因の一つです。
ステイン汚れといって、きちんと歯を磨いている人でも徐々に歯に色がついてしまうのです。
色素沈着を取るにはクリーニングが一番ですから、歯石を取ってもらいがてら審美歯科で治療を受けてみてはいかがでしょうか。
歯をクリーニングするには、歯に専用の粉と水を高圧で吹き付けてきれいにする方法が用いられます。
歯の表面を傷つけずに小さな汚れまで落とせる上に、時間があまりかからないのが喜ばれています。
他にも、研磨剤で歯を磨くことで汚れを取る方法もあります。
歯を磨くというのは削ることになるので、先ほどの方法に比べると歯にダメージがかかります。
しかし歯がとてもきれいになるので、検討してみるのもいいでしょう。
歯の表面には膜があり、歯垢などの汚れは膜に付くのです。
そこで、研磨剤を使って膜を壊してしまうクリーニング方法もあります。
汚れ自体がつきにくくなるので、半年くらいは効果が続くのがメリットです。
自分の歯の質や汚れにどんなクリーニング方法が合うかは、歯科医と相談してみてください。