ホワイトニング治療におけるメリットデメリット

MENU

ホワイトニング治療におけるメリットデメリット

「ホワイトニング治療」は審美歯科治療に分類される治療法です。

 

審美歯科治療を検討しているのであれば、口コミ等を利用して情報を集め自分に合っているであろう歯科を探しましょう。

 

ホワイトニング治療についてのメリットを幾つか書きます。

 

最大のメリットはやはり「白い歯になれる」ことでしょうね。

 

歯の黄ばみや黒ずみなどはとても気になるので、自然な笑顔で笑うのにも抵抗がでてくるでしょう。

 

けれどもホワイトニング治療で白い歯になれれば、歯の色を気にすることなく思いきり笑うことができますね。

 

またホワイトニングには専用のジェルがあり、ジェルを塗布して漂泊することもできます。

 

そのため、歯を削ったりすることもないので、歯の形を変えずにすむというのはメリットですね。

 

歯を削る・抜く事なく白い歯にできるので、今後虫歯のできるリスクも低下しますし歯の健康に関する不安も抑えられるでしょう。

 

また歯の色について、細かな白さを指定できるというメリットも有りますよ。

 

ホワイトニング治療で真っ白で綺麗な歯にすることも可能ですが、色の白さも治療の回数や期間によって変更ができるのです。

 

その為、回数や期間による色の指定も歯科医師とじっくり相談していきましょう。

 

そしてホワイトニングの治療期間のメリットですが、他の審美歯科治療と比較しても短期間でできるのです。

 

また他の審美歯科と費用について比較してみても、費用はかなり抑えられるというのはメリットでしょう。

 

口コミで検索してみれば多くの審美歯科ができるところがヒットしますが、数多くの情報を比較して十分に検討しましょう。

 

ホワイトニング治療におけるデメリット

審美歯科治療である「ホワイトニング治療」は比較的気軽にできる審美歯科治療です。

 

どうしても審美歯科は治療費が高いイメージがあるのですが、ホワイトニングは審美歯科の中では比較的コストが低めです。

 

けれどもホワイトニング治療にはデメリットも幾つか有りますので知っておきましょう。

 

審美歯科治療の出来具合や効果というのは歯科や担当歯科医の技術によって異なりますので、口コミサイトなどでリサーチしてみましょう。

 

ホワイトニング治療では効果の持続期間が短めだと言うデメリットがあります。

 

半永久的に歯の白さが続くと言うわけではないのです。

 

何気ない生活を送っているうちにもだんだんと歯に色がついていくものなのです。

 

治療後のケアを忘れずにいれば、持続期間を伸ばすことは可能ですが、たいていは半年から1年半程でまた歯に色がついてしまうのだそうです。

 

次のデメリットは、元々生えている歯にしかホワイトニングはできないということです。

 

ホワイトニング治療で歯を全部白くしたいと思うでしょうが、被せ物や詰め物、入れ歯や差し歯と言った人工のものは白くすることができないのです。

 

その為、本来の歯と人工歯との色の差が出てきてしまうというのは、気になるデメリットですよね。

 

この他にも、ホワイトニング専用のジェルが歯にとって刺激物だとか、知覚過敏の様な症状を起こうリスクがあると言うのもデメリットです。

 

この様に、魅力的なホワイトニング治療にも幾つかのデメリットが存在します。

 

デメリットについて口コミ等もよく調べましょう。