ホワイトニング治療で考えられるデメリット

MENU

ホワイトニング治療で考えられるデメリット

審美歯科で受けられる治療のひとつに、ホワイトニング治療があります。
文字通り、歯を白くする治療で、芸能人やモデルさんのような美しく輝く歯になりたいという方には憧れの治療のはず。
しかし、ホワイトニング治療にもメリットとデメリットがあり、どちらもを理解したうえで治療を受けることが大切です。
ホワイトニング治療といえば気になるのが、どのくらいの期間もつのかということではないでしょうか。
ホワイトニングをして真っ白になった歯も、時が過ぎれば段々と汚れが目立ってきます。
なるべく長くもたせるために定期的なケアを受けたとしても、長くて1年半もてばいいほう。
平均して、半年経てば再びホワイトニング治療が必要になってくるのです。
さらには、ホワイトニングは自分の本物の歯にしか行えないというデメリットもあります。
被せものがある場合、詰め物をしている場合、入れ歯や差し歯などにも、ホワイトニング治療は施せません。
ということは、ホワイトニングをした歯とそうでない歯に色の差が出てしまうということにもなります。
ホワイトニング治療をするときに塗る専用のジェルが、歯にしみるという人もいます。
このようなデメリットを感じながらも、克服している人もいますから、口コミをチェックしておくと便利なのです。