審美歯科の治療法【オールセラミッククラウン治療】

MENU

審美歯科の治療法【オールセラミッククラウン治療】

審美歯科の治療法の一つに「オールセラミッククラウン治療」と言う、今注目されているものがあります。

 

治療法についてご紹介しますね。

 

まずは歯に被せるセラミックの厚さ分、歯を削ることから始まります。

 

そしてセラミックの被せ物「クラウン」を被せます。

 

クラウンは元々の歯の色に近く、また透明感もあるのでちょっと見ただけでは分かりにくいというメリットがあります。

 

またセラミックは形を加工しやすいので、歯並びの矯正にも適していて、見た目の美しさを気にする方にも嬉しい材料です。

 

虫歯治療で銀歯を使用しなければならなくなった場合、口の中の銀歯が他人に見えてしまうのが嫌だと言う方にオススメの方法です。

 

しかし銀歯を使った治療では保険が適用されますが、オールセラミッククラウン治療では保険が適用されませんので金額が高くなります。

 

また銀歯は長く使っていると歯茎部分が黒ずんでしまったり、銀歯自体が変色してしまうこともあるので、見た目にはあまり良いとは言えません。

 

しかしオールセラミッククラウン治療の場合は黒ずみや変色などが起こりにくいので、見た目もキレイにしておきたいという方にススメです。

 

けれども、クラウンを被せるために、クラウンの厚み分歯を削る必要があるので、その分の負担が掛かることは承知しておきましょう。

 

歯を削るのを最小限に抑えることは可能なので、歯科医に歯の削り具合について伝えましょう。

 

オールセラミッククラウン治療では、歯科医と歯科技工士のスキルも必要となります。

 

それらの治療をする際には口コミ等でスキルが高いという評判があり、信頼できるであろう歯科を検索しましょう。

 

セラミックインレー治療

虫歯になったら、一般的には歯科医院で虫歯を削って失った部分を別の材料で再建します。虫歯の大きさや、深さ、材料の材質でその方法も様々です。

 

保険内診療で歯を再建する場合は、小さいものなら詰めるだけのレジンという材料で治せ、これは白い素材なので歯と馴染みやすいですが、擦り減りやすく変色したり、二次虫歯になりやすいというデメリットもあります。
さらに大きい虫歯や神経を取る深さの治療になった場合は、保険診療だと銀歯になってしまいます。銀歯は強くて丈夫ですが、見た目が黒く光っている点や金属アレルギーのリスクがある点で嫌がられる方も少なくありません。

 

そこで、大きな口を開けた場合を気にして、金属ではなく白い詰め物を希望される方に適した治療法として、セラミックインレー治療があります。
セラミックインレー治療とは、虫歯を削って歯型を取り自分の歯を最大限残しながら、インレーという部分的な被せ物のセラミックを装着する治療法です。

 

セラミックは、変色せず、見た目も美しく、歯との相性もいい素材で、その上、アレルギーを起こす可能性が限りなく低く、生体親和性が高い素材であるのも特徴です。奥歯は噛む力が強く、耐久性が重要になるため、今までは銀歯や金歯が良しとされていましたが、最近では材料も進化し、セラミックでも十分適応となりました。

 

また歯を削った面積に合わせて、詰めるだけではなく詰めるプラス被せるとなる場合には、セラミックアンレー治療と呼ばれます。

 

 

セラミックインレーのメリットとデメリット

できるだけ自分の歯を残して、小さく、白く、長持ちさせることを目的としたセラミックインレーは審美歯科でおこなう虫歯治療の選択肢の一つです。
セラミックインレーにもメリットとデメリットがあるので、それらを理解したうえで、あとで後悔しないように、治療方法を選択しましょう。

 

まずセラミックインレーのメリットですが、セラミックインレー治療ではセラミックという陶器の素材を使うため、変色せず透明感に優れ、色の種類も豊富に揃っており、残っている自分の歯の色に合わせた色から選ぶことが可能です。また、表面も光沢があり滑らかで汚れや着色が付きにくく、汚れが付いてしまっても取れやすいので口臭などにもなりにくいです。
セラミックは歯型をとって技工所で作成しますが、模型上で丁寧に作成するため細やかな着色や、形態修正、研磨など、歯の再現性が高いうえに、歯との境界に段差などが出来にくいことから二次虫歯のリスクが下がります。

 

一方、セラミックインレーのデメリットはというと、保険が適応となるのは銀歯で、白く美しく治すセラミックインレー治療は保険外診療のため、3?7万円程度費用がかかり高額となります。
また、陶器の素材を使うセラミックインレーは、歯ぎしりや食いしばりなどの強い力が加わると割れるリスクがあります。
自分の歯を残しているので、急に歯全体を白くするといったことはできず、白くしたい場合は事前にホワイトニングが必要であったり、現在の歯の色に合わせて作成するなどの考慮が必要になります。

 

ジルコニアセラミックのメリット

ジルコニアは、人工ダイヤモンドの事で、かなり硬い強度があります。
一般的に審美歯科で使用するジルコニアは、全てがジルコニア素材というわけではありません。ジルコニアで薄いフレームを作って、その上に本物の歯に見えるように何層ものセラミックを重ねていき、最終的に焼き上げます。ジルコニアのフレームの上にセラミックを盛り付けていく方法の方が、より天然歯に近い、見分けのつかないキレイな歯を作る事が可能となっています。

 

ジルコニアセラミックとオールセラミックの歯の違いは、実はジルコニアセラミックとオールセラミックの歯の違いがあるのではなくて、オールセラミックの歯の一つの種類としてジルコニアがあります。なので、ジルコニアを使った審美治療もオールセラミックの歯の治療という事になります。

 

ジルコニアを使ったオールセラミックの歯の治療のメリットは、歯科金属、セラミック以上の強さがあるので、これまでは歯科金属を使用をしたメタルボンドでしか対応を出来なかったブリッジなどもジルコニアであればブリッジにする事も可能です。

 

また、歯科の保険治療のプラスチックの歯では変色をしてしまうという事が遅かれ早かれ起こります。これは、口の中がいつも湿り気があるためですが、ジルコニアセラミックであれば、そのような心配はありません。プラスチックの歯のように誰から見ても違和感のある変色をする事がありません。

 

さらに、ジルコニアセラミックはプラスチックの歯や従来型のメタルボンドという歯科金属を使用したセラミックの歯のように、金属アレルギーや歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみの心配がありません。

関連ページ

審美歯科でアンチエイジングを行ってみましょう
年齢をとともに抗えないのが、各部位の衰えでしょう。 その衰えを感じやすい部位というのもあり「口元」は特に気になる部位だと思います。 審美歯科治療の効果にアンチエイジング効果もあれば、審美歯科治療をやってみたいと思いませんか?。 口コミ
審美歯科においてのメリットデメリット
「審美歯科」というのは近年人気が出てきている歯科治療の1つです。 審美歯科と言っても内容は様々で、良い歯科を探し出せれば多大なメリットが得られます。 良い歯科を探すために口コミ情報も活用しましょう。口コミ情報はインターネットでも得られま
審美歯科の治療法【インプラント治療】
歯科治療方法の1つに「インプラント治療」と言う方法が有ります。これは審美歯科治療の1つです。 インプラントとは人工で作られた歯根(これをインプラントと言います)を歯茎に埋め、一定期間を置いて顎の骨に固定させ、その上からセラミックで作られた
審美歯科の治療法【クイック矯正】
「矯正」とは歯並びを綺麗にする歯科治療の1つです。 審美歯科治療の1つで、従来の方法では完了するまでにかなり長い時間が必要で、治療中は目立つ見た目にも悩まされるというデメリットがあります。 従来の矯正とは、歯の表面にワイヤーをつけて歯を
審美歯科の治療法【クリーニング】
歯の「クリーニング」も、審美歯科の中で人気の治療法です。 審美歯科治療をしたいのであれば、自分の要望や治療方に合った歯科を探すことが重要となります。 食べ物を食べる、コーヒーやお茶などの飲み物を飲む、タバコやお酒を楽しむだけでどんどん歯
審美歯科の治療法【ホワイトニング治療】
タバコやコーヒーによる歯の変色を気にしている方はかなり多いはずです。 そんな方にオススメしたいのが、審美歯科での治療のひとつである「ホワイトニング治療」です。 ホワイトニング治療では専用のジェルを歯に乗せて黄ばみや汚れを落とし歯を白く綺
審美歯科の治療法【ラミネートベニア】
審美歯科治療の1つに「ラミネートベニア」と言う治療法があります。 初めて耳にする治療法だという方もいるでしょうが、これは歯のホワイトニング治療の1種です。 口コミでも歯を白くする治療法は幾つか検索できますが、自分に合った治療方法を探すこ
審美歯科の治療法【ワイヤー矯正】
歯並びを矯正してキレイに整えられれば、他人からの印象というのはいい方向に変わっていきます。 審美歯科治療の1つにワイヤー矯正と言う、多くの人が知っている治療法があります。 これは今までも多くの人が実践してきていた、歯にワイヤーを付けて矯
審美歯科の治療法【抜歯しない歯列矯正】
「抜歯せずとも歯列矯正できる」という方法が人気を集めていますよ。 歯列矯正とは審美歯科治療の1つであり、多くの人が知っている歯列矯正というのは、抜歯して空いたスペースを活用しながらにワイヤーを使って歯列を矯正していくというものだと思います